MtBook US Leagal Services/在米日系企業・在留邦人のためのリーガルサービス

ヘルスケア法

「長期介護保険プラン選択基準」

アメリカ 弁護士 法律事務所 法律  長期介護保険プラン選択基準

  • 保険を決める前に、その会社を調べます。候補となっている会社が、長期間健全で支払能力があるか確かめます。A.M.ベスト、ムーディーズ、スタンダード&プアーズ、及びウェイス等の財政評価サービスでB+以上の財務評価を受けている会社を選びます。
  • 保険に、介護ホーム(管理業務を含む)だけでなく、補助介護施設又はその他の居住タイプ介護施設等の全てのレベルを対象とする給付があるか確かめます。
  • 良い保険は、日常生活の補助を行う在宅私的介護を含む在宅介護及びホスピス介護についても給付を行います。
  • 保険が提供する日々の給付額が将来充分かどうか検討します。毎年特定の複利での利率により給付が増加する、インフレ対応の保険のみを検討すべきです。
  • 長期の保険ほどよいとは限りません。介護ホームを5年以上必要とする人はほとんどいません。4年がほとんどの人に充分な期間です。長期間の費用に耐えられない人には、3年でも良いかもしれません。
  • 既往症についての6ヶ月の除外期間は普通です。
  • よい保険は、介護ホーム又は在宅医療給付の条件として、一定の事前の入院期間を条件としません。
  • 大部分の保険は、保険開始後支払いまでに待機期間(通常、介護ホーム又は在宅介護を受け始めてから20日から90日です。)を設定しています。待機期間無しでの適用は、保険料が高くなります。待機期間を最長にすれば保険料を大幅に節約できるのを利用して、最長待機期間を自己保険で負担できないか検討します。待機期間に支払わなければならないのであれば、持ち出しは大変ではありません。
  • 「医療上必要」な介護だけ負担する保険は避けるべきです。この基準は往々にして、曖昧です。大部分のよい保険は、日常生活上いくつかの補助(入浴、食事、身支度、トイレ、ベッド若しくは椅子への出入り、コンティネンス)が必要になるか、認知障害を患ったときに介護給付をします。保険がアルツハイマー病及び他のタイプの認知症を対象とするか確かめます。介護ホームの住人の過半数は、何らかの認知症にかかっています。
  • 州からの認可を受けていて、代理人が州内にいる会社だけから保険を購入して下さい。州外からの郵送での保険契約では、問題が発生しても何もできない虞があります。

(2008年秋)

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

PageTop