MtBook US Leagal Services/在米日系企業・在留邦人のためのリーガルサービス

ヘルスケア法

「長期介護の準備」

アメリカ 弁護士 法律事務所 法律  長期介護の準備 引退の準備を始めると、介護ホームや介護付住宅の費用に驚くでしょう。さらに、政府の医療介護オプション(メディケイドやメディケア等)が、そのような介護費用全額を負担するなどまずないと知ってもっと心配するかもしれません。もしそうならば、長期介護保険を検討すべきでしょう。長期介護保険は、介護ホーム、補助介護、在宅介護、成人預介護、及び臨時介護の長期(通常、2年以上)の支払いの助けになります。これはまだ比較的新しくて、開拓中の保険商品であり、典型的特徴は変化し続けています。

正しい選択か?
 長期介護保険は、保護すべき収入と資産がある人達に最適です。大まかに言えば、55才以上で、200,000ドルを超える資産があれば、長期介護保険を検討すべきでしょう。もちろん、借入金の総計、引退用の資産、子供の教育のための支払い等を考慮しなければなりませんので、判断はそれほど単純ではありません。

保険の何を検討すべきか?
 対象となる条件及び限度は詳細で複雑なので、保険購入前に、慎重に特殊な条項を調べてください。最高の保険は、あらゆる種類の介護ホーム及び補助介護施設を対象とするものです。補助介護施設は、介護ホームよりも簡単な内容の補助を行い、自宅では暮らせない多くの人々にとっては有意義なオプションです。

 良い長期介護保険は、高度な在宅医療サービスだけでなく、家事サービス、在宅医療補助サービス、私的介護サービス等を含む非医療補助サービスを対象とする広範囲の在宅介護を対象とします。さらに最近は、家族のための成人預介護や臨時介護のオプションまで含める保険まであります。

長期介護保険の税務上の効果は?
 1996年の医療保険相互運用・責任法(The Health Insurance Portability and Accountability Act of
1996 (HIPAA))法は、主要な医療保険の対象と同様に保険料及び給付の税務上の取扱いも明確にしました。HIPAAの下では、連邦適格長期介護保険(つまり、連邦の最低基準を満たす保険)からの給付は、通常非課税です。仕訳を添付する納税者は、長期介護保険料は、消費者としての長期介護の自己負担分と同様に、医療費控除の7.5%基準(つまり、医療費控除は、収入の7.5%を超える範囲のみ。)を満たす範囲で適用を受けられます。内国歳入庁は、7.5%基準に適用できる長期介護保険料支払合計額を年齢に基づいて制限していますので、当該控除をする前に税務アドバイザーに相談して下さい。

保険の値段は?
 長期介護保険の費用は、購入時の年齢、対象範囲、及び病歴に基づいて決まります。年齢は、明らかに最大の要因です。保険料は、55歳で年間1500ドル、65歳で3000ドル、さらに75歳では6000ドルを簡単に超えてしまいます。保険を購入すれば、その保険料は通常固定されます。しかし、会社が、保険料の値上げを全被保険者総会に諮るか、値上げを画策している他の会社に買収されれば、保険料の変更はあり得ます。

既往症は?
 健康診断は、ほとんどの長期介護保険契約で必要です。多くの保険会社は、特定の既往症があれば、拒否したり、特別な保険料を求めたり、給付を受ける前に待機期間を設定したりします。こういった条件は保険ごとに異なるので、既往症についての条項を注意深くレビューし完全に理解します。契約にサインする前に、疑問点を全て確かめます。

長期介護保険の評価は?
 長期介護保険を評価するために、いくつかの保険を比較します。州の保険局は、長期介護保険を提供する会社の名称を知っているはずです。大部分の州では、こういった保険についての最低基準と消費者保護のガイドライン作成が始まっています。保険の評価のためのガイドは、州の保険局若しくは州又は地方の高齢者の担当局において入手できます。

 長期介護保険契約は、まだ比較的新しい保険商品です。従って、多くの種類と違いがあります。保険についての疑問があれば、会社の代理人に必ず確かめます。それでもはっきりしなければ、保険契約に関する心配な点を、弁護士に相談するのをためらわないで下さい。

(2008年秋)

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

PageTop