MtBook US Leagal Services/在米日系企業・在留邦人のためのリーガルサービス

契約・売買

「抵当流れ物件はお買い得か?」

ForeclosedHouse.jpg 最近、家屋の差押えはホットな話題です。しかし、差押え件数増加の報道の多くが、差押さえ後物件がどうなるかについては説明していません。差押さえられた物件は、通常割り引かれて販売されるので、抵当流れ物件の購入は検討に値するかもしれません。しかし、あなたが署名する前に注意すべき落し穴があります。

 差押えられた物件は、焦げ付いたローンを裏づけしていた貸出機関または政府機関が保有しています。何らかの理由で、所有者はローンの支払いを出来ずに、貸し手がローンに基づいて差押え物件の所有権を得たのです。その結果、貸手は資産の名義を得、誰かに売却できます。一般家庭用家屋及び分譲マンションを含むあらゆる種類の物件上の抵当は、差押えにもつながる可能性があります。

 抵当流れの物件を見つけるは思っているよりも簡単です。抵当流れの物件を広告している機関もありますし、不動産仲介人を介してのみ取引するところもあります。不動産仲介人は、普通担当地域の抵当流れの家屋のリストを持っています。今住んでいる地域の抵当流れ物件を見つけるのに役立つウェブサイトもあります。例えば、www.1stforeclosure.comwww.foreclosurefreesearch.comといったサイトもありますし、www.hud.gov/homes/homesforsale.cfmのような政府系のウェブサイトもあります。

 連邦住宅局は、通常、新聞広告で告知した競売を通じて抵当流れ物件を売却します。競売の日に、購入希望者は、競売価格の何パーセントかの保証小切手をつけて入札します。しかし、オファーの前に、自分できちんと調査をし、可能であれば経験を積んだ弁護士や不動産仲介人と相談して下さい。少なくとも、通常の不動産購入時と同程度に、抵当流れ物件の購入にも注意を払わなければなりません。

 必要な手順に精通していなければ、抵当流れ物件の購入はリスクを伴います。名義に瑕疵がなく、価値も充分との確認を買手と同じ立場でやってくれる、金融機関やタイトル保険会社が同席する通常の売買でのセーフガードが、差し押さえ物件の売買にはなかったりもします。抵当流れ物件の状態は、さらなるマイナスにもなりえます。往々にして、支払いを継続できなかった最初の所有者が、家屋の手入れを怠っていた可能性もあるのです。それでも、落し穴に注意して、充分に準備しているならば、抵当流れの不動産は最適の買い物かもしれません。

(2008年春) Photo: © Pondshots | Dreamstime.com

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

PageTop