MtBook US Leagal Services/在米日系企業・在留邦人のためのリーガルサービス

債務・破産

「サブプライムローンの現実:家屋が差押えられた際の権利」

アメリカ 弁護士 法律事務所 法律 サブプライムローンの現実:家屋が差押えられた際の権利最近、差押えは大ニュースです。サブプライムローンが崩壊し、住宅市場が低迷している時期、大部分の住宅所有者が差押え寸前と考えたとしてもおかしくはありません。しかし、これは明らかに間違いですが、あなたが差押え寸前で動揺している不幸な住宅所有者の一人であったり、あなたに対して差押え手続きが開始されているならば、重要な権利と責任を確認しておくべきです。

差押えとは、所有者による規定の支払いに遅れが生じた場合、ローンへの担保目的に資産所有権を貸手が確保する法的措置です。差押えに、時間はかかりません。伝統的な差押えには裁判所の管理が必要ですが、全ての差押えに裁判所命令が必要ではありません。管轄州とローン契約の条件次第ですが、差押えは45日以内に完了できます。しかし、現在差押えを受けていても、うろたえないでください。これは非常にストレスが多く深刻な状況ですが、いくつかのオプションがありますし、積極的な対応が最善の方法です。実際、差押えがまだ初期の段階ならば、貸手は、差押えではなく、あなたと上手く問題を解決する方を選ぶ可能性もあります。

情報収集
最初に差押え措置の通知を受けたとき、取るべき重要なステップがあります。まず、関係者を確認して下さい。現在は、ローンは最初の契約後、大部分は売却され、何度も譲渡されています。場合によっては、現在のローンの所有者が、実際にローンに関して再交渉や変更の権限を持たない会社だったりもします。すなわち、あなたに対して差押え手続きを始めている会社が、あなたが交渉する実際の相手ではないのです。元々最初に地元の銀行で契約していても、あなたのローンは今は別の州にあるより大きな会社によって所有されているかもしれません。関係者がわかれば、混乱なくスムーズに手続きを進められます。それは、また、詐欺対策にもなります。一旦訴訟が始まれば、あなたの氏名と住所は公的な記録として、弱い立場にある餌食を探している者や会社への貴重な情報となってしまいます。ポストに入っている手紙だからといって、評判のある信頼できる情報源と思い込まないで下さい。

州及び連邦の法律並びにあなたの関係している金融業者の規定をよく理解して下さい。連邦取引委員会のウェブサイト(www.ftc.gov "Foreclosure"で検索)は、州の規則を調べ差押えを避ける方法について大切な情報を掲載しています。期限と通知条件については州ごとに大変異なるために、あなたの州と貸手に関する法律を知っておけば、時間と労力を大幅に節約できます。

対応策の検討
支払えそうになかったり、差押え通知を受領しても方法はまだあります。すぐに貸手の「債権管理」部に連絡すべきです。状況と貸手次第では、リファイナンス又は返済計画を策定できるかもしれません。借金に変わりはありませんが、差押えがあなたの信用記録の上に掲載されるのを防ぎ、家を手放さずにすみます。

専門家への相談
差押えが現実的になったなら、問題から逃げずに、きちんと見据えて助けを求めて下さい。様々な助けを得られます。信用カウンセラーからの信用と負債管理アドバイス、弁護士からの法的ガイダンス、それに(詐欺または略奪的貸出に巻き込まれたと思うならば)時には州の消費者保護機関を通しての政府による対応が得られたりもします。

住宅所有者として、財政的な権利と責任を理解しておくべきです。家屋のローンの手続きには多くのステップがあります。オプションについてもっと知りたければ、貸手と連絡をとるか、弁護士に相談して下さい。財政的な問題によって、ストレスの多い日々となりますが、自分の権利、さらに場合によっては家屋を守るために最善を尽くして下さい。

(2007年秋)

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

PageTop