MtBook US Leagal Services/在米日系企業・在留邦人のためのリーガルサービス

契約・売買

「史上最高の答え?」

アメリカ 弁護士 法律事務所 法律 史上最高の答え?ロースクールでのある授業のひとこまです。教授に質問された学生が「それは、状況次第です。(Depends . . .)」と答えました。教授は、イエスともノーとも結論を出せなかった学生に対して、「どんな質問にも使える最高の答えだね。それでは、どのような状況のときは、どうなのか説明したまえ。」と突上げました。その学生は、はっきり答えが出せず、その場しのぎで言葉につまり、思わずそう答えたのです。しかし、実際の交渉の場では、なかなか真理をついて奥深い答えかもしれません。

さて、どのような世界であっても、スターとはなかなか煌びやかで、その場の雰囲気が盛り上がるものです。アメリカで生活していると、意外なときに意外なところで、隣に名の知れた大スターがいたりもしますが、通常スターと自然に触れ合う機会は少ないようです。

では、契約書上はスターの存在は、どのような影響があるのでしょうか。映画でも、スポーツでも大スターと契約する際には、あるスターのためだけに契約書の交渉が壁にぶつかったり、プロジェクト自体が振り出しに戻ったりもします。大スターの参加で、映画であれスポーツであれ、何億、何十億もの興行収入の上乗せが期待できます。したがって、契約条件一つで収入の分配が大きく左右される状況が、交渉をヒートアップさせ、自然に契約書の頁数の増加に反映されたりもします。

最近の大リーグでの日本人選手の活躍で、大リーグビジネスに関心のある方は大リーグのニュースの中に、何かとビジネス的な要素が入っているのに気づかれているかもしれません。例えば、一般に関心の高い個人成績(勝利数、セーブ数、打率、本塁打、打点等)のほかにトレードを拒否できる権利、年間の打席数によるボーナス、登板試合数によるボーナス等の規定もあり、シーズンも後半になり優勝から見放されたチームは、ボーナス等の支出を避けるために、次のシーズンを念頭におき若手の起用を検討し高額な年棒の選手をトレードに出したり、3Aに落としたり、解雇したり等のビジネス上の判断を果敢に下したりもしているようです。(もちろん、契約条件だけがこれらの判断基準でなく、個人の成績が大きく影響することはいうまでもありません。)これらの条件は、選手毎に異なり、特にスター選手ともなると契約時にお互いの合意を契約上で厳しく確認しあいます。

ところが、映画にしろ、スポーツにしろ蓋を開けるまで、何が起こるかわからない部分が多くありますので、契約で全てを網羅できるような条項の書き込みが必要になってしまいます。現実にはいろいろなケースを予め全て明示することさえ難しく、それまでの経験に基づき、最大の努力をすることをもって納得するしかないのです。その結果、契約書の内容は、出来るだけどのような場合にも対応できるように現実的な範囲で可能な限りのケースが列挙され、それに応じた規定が決められるので、とにかく長くなってしまいます。但し、どんなに頑張っても、全てを網羅することなど到底出来ませんので、数え切れない程の交渉が終わりに近づき、やっと契約かという場で誰かが一言質問したり、意見を言うとまた一から交渉のやり直しなどという最悪の状況が交渉担当者達の頭をよぎり、両者ともに険悪な雰囲気となり「それはもう大丈夫でしょう。」という何の根拠もないある種の暗黙の合意が、立場を問わず発言者を除く全ての参加者の間で形成され、契約交渉終了を目的とする運命共同体的な一種の連帯感が生まれるという笑うに笑えない話もあります。

日本人は、相手をよく知り信頼関係に基づいて契約を行うという精神が取引の根底に流れており、欧米式の徹底的に議論して契約を行うスタイルにはついていけない部分も多々あるかと思います。例えば、日本の契約書には、「問題が発生した際には、両者誠心誠意協議する。」等の文言が見られますが、欧米の契約書にはそのような規定は出てきません。それどころか、「本契約書より前に、又は同時に交わされた合意は、本契約書に記されていない限り、一切有効と認められない。」などの強烈な規定が入っています。これは、国民性の違いに起因する契約書スタイルとでも言えるのでしょうか。

「どっちがいいのか?」という質問が聞こえてきそうですが、それは、あの教授にでも訊いてみましょうか。

(2005年9月)

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

PageTop