MtBook US Leagal Services/在米日系企業・在留邦人のためのリーガルサービス

法務管理

「入り口が狭いほどお客様は増える?」

アメリカ 弁護士 法律事務所 法律 入り口が狭いほどお客様は増える?突然、「私は、この歯の治療はやりません。」と歯医者が言い出しました。最近経験した歯医者での話です。いつものかかりつけの評判もよい歯医者で信頼もしているのですが、彼は、「奥歯の部分の治療は、デンタルスクールのクラスでは学びもしなかったし、教授にはこういった問題に遭遇したらできないと答えるように教えられた。」と言って譲りません。それで、奥歯の専門医を紹介してもらい、そちらに予約を入れて治療してもらうことになりました。

いざ、奥歯の専門医に行くと、その仕事振りは見事であり、一事が万事、治療の手際はもちろん病院に入ってから出るまで、無駄のないスムーズな流れでさすがプロと思い知らされました。ただ、事前に打ち合わせしたときにわかっていたのですが、料金のほうもなかなかの値段でした。通常の部分の同じような治療と比較すると、何倍にもなってしまいました。この奥歯の専門医は、一般の歯科医からの紹介を受けて商売が繁盛しており、開業時間も短く、休みなども結構しっかり取っているようでした。現在、アメリカにどれくらいの数の歯科医と奥歯の専門医がいるかわかりませんが、一般の歯医者にすれば奥歯の専門医ほど割りのいい仕事はないと思っているのではないでしょうか。

この経験からも言えるのですが、専門化すればするほど、クライアントの数が増えて競争相手の数が減り、しかも料金は高くチャージできるという法則が、歯医者の世界にも正にそのまま当てはまっているということです。

さて、国際法務を一つのビジネスと考えて見ましょう。日本でも、世間をにぎわせているロースクール開設、司法試験合格者数の増加、帰国子女を含むバイリンガルの若い大学卒業生の増加等があって、国際法務のビジネスはこれまでのように、一部の人だけが担当できるという状況がいつまでも続くはずはありません。それどころか、どんどん競争が激しくなっていくと予測するほうが自然です。このような状況はどのような分野にもあてはまり、そういった競争を保証することで技術なり経験なりの実力が上がっていく健康な状態を維持できるのです。

国際法務の役割を単に英語で法律の業務をこなせるといった段階から、さらに何かの分野に特化していくといった段階へステップアップしていくのが、これからの国際法務のあるべき姿のような気がします。

(2004年12月)

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

PageTop