MtBook US Leagal Services/在米日系企業・在留邦人のためのリーガルサービス

危機管理・保険

「火事と氷にご用心」

アメリカ 弁護士 法律事務所 法律 火事と氷にご用心冬は、家屋にとって危険な季節です。氷点下になって、パイプが破損し、被害をもたらします。嵐で木が倒れて、家屋に損害が及びます。建物の中や外で、誰かが滑って転びます。人々が家にこもり電灯、暖房、それに電気製品を多く使う冬の間は、電気による火災は特に心配です。この種の損害に保険を掛け、家屋が家族にも訪問客にもできるだけ安全であるように努めるのは大切です。

標準的な住宅所有者保険は、通常、パイプの破裂や強風による損害等の氷または雪の重さによって引起される冬特有の災害を、火災関連の損失と同様にカバーします。基本的な家屋保険契約は、家屋及び家財道具の実際の現金上の価値だけをカバーし、包括的な契約は、買換えのための価格をカバーします。どのような補償が定められているか保険契約を調べて下さい。。賃貸をしている場合は、標準的貸借人保険で、冬特有の問題から生じる個人財産への損害をカバーしておくべきです。車に関する冬特有の損害は、多くの場合自動車保険契約の包括的カバーの対象になっています。

誰かがあなたの不注意の結果あなたの敷地内で負傷すれば、保険の対象となります。例えば、誰かが壊れた階段で滑って怪我をしたり、又はパーティ中に誰かがリビングルームの敷物につまずいたりして、医療費及び裁判での弁護士費用等を含めた経費が発生すれば、家屋保険がカバーしてくれます。もちろん、家にそのような危険がないように努めなければなりません。通る人が引っかからないような電気コードの引き方をして、階段と手摺りをすぐに修理して、訪問客に特別に危ないところを注意します。敷地の雪と氷を片づける法律的な義務はありません(しかし、地方の条例に、家の外側の一般の歩道をきれいにするような定めがあるかもしれません。)が、側溝からの水漏れですべりやすい氷が出来るなど、あなたが原因で危険が発生したのであれば、過失となる可能性があります。

損害を被ったならば、保険による補償を最大限に確実に利用するためには、いくつかのステップが必要です。


  • 家の中の全ての保険の対象物リストを作成します。最も効果的方法は、保険対象物の写真撮影、又はビデオテープへの録画です。
  • 保険証書を家の中と家の外の安全な場所に保険します。

もちろん、損害を防いで、避けられれば、より望ましいのです。側溝ガードの設置、及び側溝の掃除によって、壁や天井に雨や雪解け水がつたわらないようになり、家屋から外へ出てきちんと地面に流れるようになります。壁や窓回りのひび割れをふさいで、水による損害を防ぎます。木を刈り込んで、弱い枝を取り、枯れ木を倒れる前に切り払っておけば、嵐による損害の危険性を最小にできます。家を暖かくして、地下室と屋根裏に断熱材を入れておけば、パイプの破裂を防げます。念のため、緊急時に水道を止める方法を確認して下さい。一番大切なのは、煙・火災報知器の動作を確認して、自分自身と家族を守ることです。保険についての疑問があれば、必ず弁護士に意見を聞くようにしてください。

(2006年冬)

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

PageTop