MtBook US Leagal Services/在米日系企業・在留邦人のためのリーガルサービス

雇用法・労働法

「夏のアルバイトと法律」

アメリカ 弁護士 法律事務所 法律 夏のアルバイトと法律夏休みに、何百万もの若者が、レストラン、店舗、オフィス等で働きます。学校に通いながら一年を通して、継続的に何度も自由の利くアルバイト(例えばベビーシッターまたは庭仕事)をする若者も多くいます。しかし、大部分の若者(それに両親)は、連邦法による18歳未満の人々についての勤務時間及び職種制限を理解していません。多くの雇用主も、また、若者たちの雇用について連邦法が何を規定しているか知りません。本稿は、若年労働法の簡単な仕組みを説明します。あなたが定期的に若者を雇用していれば、法律の遵守を確実にするために弁護士に相談すべきです。

ニューディールにまで遡る連邦公正労働基準法(FLSA)は、雇用主が、いつどのような条件で18歳未満の人を雇えるか規定しています。法律は、若者たちの教育の機会を確保し、彼らの健康及び福祉を損なうような状況の下での雇用を禁止するように規定しています。FLSAは、販売又はビジネスの年間総額が500,000ドル以上の全ての雇用主及び州際取引に従事している雇用主に適用されます。たとえ雇用主がFLSAの適用を受けなくても、若年労働を規定している州法の適用を受ける可能性もあります。連邦法違反は、高くつきます。(雇用主は、FLSA若年労働規定のそれぞれの違反について、1人の労働者につき最高11,000ドルの罰金の対象となります。)

FLSAを遵守するためには、雇用主は、特定の仕事について最低年齢を設定しなければなりません。基本原則として、雇用主は、14歳未満の子供を雇用できません。この規定には3つの例外があります。14歳未満の子供は、

  • 個人事業主である親のために働けます。
  • 俳優として働けます。
  • 新聞配達員として働けます。

14歳又は15歳の未成年者は、小売とサービス産業の若干の仕事に就けますが、働くのを禁じられている特定の危険な仕事があります。通常、14歳又は15歳に危険であると見なされるのは、以下の通りです。

  • 運送の仕事
  • 建設の仕事
  • 炭鉱の仕事
  • 動力駆動機械(芝刈り機とトリマーを含む)の操作を伴う仕事
  • 機材の保守若しくは修理を必要とする仕事及びボイラー室内外の仕事

法律は、さらに14歳及び15歳の若者が働ける時間数を制限しています。就学時間には働けません。登校日には1日最高3時間、1週最高18時間、働けます。休校日には、14歳及び15歳は、1日につき最高8時間働けます。学校の長期休暇の間は、1日8時間1週最高40時間働けます。16才未満の子供は、午前7時前又は午後7時(夏は午後9時)以降は働けません。

FLSAは、16歳又は17歳の未成年者が働ける時間数を制限していませんが、働けない危険な仕事のタイプを規定しています。16歳又は17歳には危険であると見なされるのは、以下の仕事です。

  • 伐採の仕事
  • エレベーターを操作する仕事
  • 動力駆動の肉処理、製パン又は製紙の機械操作を伴う仕事
  • 公道上での自動車の運転を伴う仕事
  • 解体及び粉砕の仕事  
  • 屋根ふき仕事  
  • 発掘作業の仕事

最後に、FLSAは、20才未満の従業員に、最初の連続する90暦日(営業日ではない)の間、1時間につき4.25ドルの準最低賃金を適用できると認めています。しかし、最初の90日経過後、雇用主は通常の最低賃金(連邦最低賃金は、5.15ドル)を払わなければなりません。法律は、雇用主が準最低料金で若者を雇えるように、通常の最低賃金が適用される従業員を解雇したり、又は労働時間を削減するのを禁止しています。
若干の州では、FLSAの定めよりも厳しい若年労働に対する法律上の制限があります。たとえば、いくつかの州は、危険な仕事及び活動のより詳細なリストを作成し、さらに16歳未満だけにとどまらず、18歳未満の全ての未成年者のために、勤務時間数を制限しています。雇用された未成年者の年齢を確かめるために年齢証明書を入手するか、学校当局から労働許可証を得るように雇用主に義務付けている州もいくつかあります。弁護士は、あなたの州での若年労働法の規定及び規制についてもっと詳しい情報を提供できます。もし、州法と連邦法が適用されるならば、より高い基準を規定している法律を遵守しなければなりません。

あなたが18歳未満の若者たちを雇用するのならば、若年労働法違反を知らずに犯さないように、いくつかの簡単な対処法があります。雇用時に従業員に年齢を証明する法的に有効な証拠を求め、コピーを保管しておきます。雇用時にどの設備が禁止されていて、何時間働けるかどうかをテストして確かめるワークシートにサインさせるのも良いでしょう。労働者間でシフト交換を認めている場合には、FLSAの労働時間制限を確実に遵守するためには、注意を要します。そして、最後に、全てのマネージャーが若年雇用法遵守の必要性を理解しているかどうか確かめます。

(2006年夏)

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

PageTop