MtBook US Leagal Services/在米日系企業・在留邦人のためのリーガルサービス

債務・破産

「新破産法」

アメリカ 弁護士 法律事務所 法律 新破産法クレジットカードの使いすぎは一年中起こりがちですが、特にホリデーシーズンには予算内におさめるのは至難の業です。クレジットを使いすぎて、支払えない程の過大な債務があれば、あなたにはクレジットカウンセリングや負債の整理等いくつかのオプションがあります。一番強力な方法は、破産の申し立てです。

破産の申し立てを検討しているなら、2005年10月17日に施行された新しい破産法である破産乱用防止及び消費者保護法(Bankruptcy Abuse Prevention and Consumer Protection Act)に注意しなければなりません。新しい法律上、破産申請前の6ヵ月間に政府認可の団体からクレジットカウンセリングを受けなければなりません。(これらの団体のリストは www.usdoj.gov/ust に掲載されています。)法律は、債務者がチャプター7(免除されていない資産は売却され、大部分の無担保債務は免除されます。)の資格があるか、チャプター13(一部の無担保債務は、3〜5年にわたって、給与から返済しなければなりません。)を申請しなければならないか決定するために、新たに資産調査を規定しています。

新しい破産法が施行された今、負債の負担を心配するならば、早く法的アドバイスを求めることが、これまで以上に大切です。

(2004年−2005年冬)

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

PageTop