MtBook US Leagal Services/在米日系企業・在留邦人のためのリーガルサービス

遺言・信託

「今多くの州で認められている永続信託」

アメリカ 弁護士 法律事務所 法律 今多くの州で認められている永続信託慈善信託は、無期限に(たとえばローズ奨学金とかピューリッツアー賞信託のように)存在できますが、個人的な信託(個人の受託者への贈与を行う信託)は、従来信託を設立した時点で生存している人の一生に21年を加えた期間を超えて存在することが認められていませんでした。これは、永久積立禁止則として知られ、信託の寿命をおよそ100年に制限していました。

それらは、今変わりつつあります。多くの州で、無期限とまでいかなくとも、数百年も続く信託を認める法律が制定されています。代々引継がれても、現金に相続税がかかるのを防ぎ、(裁判、破産、離婚による)債権者から現金を守り、何代にも亘り子孫に益するのです。

そのような信託があなたの州で利用できるか、弁護士に確かめてください。あなたの州が禁止していても、永久積立に対して規制がない別の州に、信託を設定できる可能性もあります。

(2005年秋)

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

PageTop