MtBook US Leagal Services/在米日系企業・在留邦人のためのリーガルサービス

エンターテイメント法・スポーツ法

「フィルムマーケットはお土産コーナー?」

アメリカ 弁護士 法律事務所 法律 フィルムマーケットはお土産コーナー?今回はフィルムマーケットの雰囲気をお伝えいたします。皆さんも一度くらいはテレビニュースで、映画祭の真紅の絨毯をスターたちが、それぞれタキシードやドレスでポーズを取りながら会場に入っていくのを見たのではないでしょうか。ああいった場面は、映画祭の一部分であって華やかですが、フィルムマーケットの方は随分感じが違います。創刊号でも説明したように、映画祭に映画はあっても、フィルムマーケットにフィルムは無い場合が多いのです。それは、映画の製作には通常何年もかかりますので、完成を待ってマーケティングをしていては遅いからなのです。(詳細は、「フィルムの無いフィルムマーケット?」を参照してください。)それでは、フィルムの無い映画をどうやって売買するのかというと、脚本、出演俳優、予算、監督、CGの有無等で売上げの予想を判断して交渉します。例えば、過去いくつもヒットを飛ばした脚本家の脚本で、売出し中の俳優を使い、製作費の予算が高額で、有名な監督がメガホンを取り、CGを惜しげもなく使って製作する映画が予定されていれば、もうバイヤーはいくらお金を出しても自分の国での興行権を手に入れたいところです。反対にこのような点で魅力的なところがない映画は、バイヤーの引きはあまり期待できません。

そこで、映画のセラーは映像がないハンディを克服するためにいろいろな工夫をします。例えば、アメリカンフィルムマーケットは、サンタモニカの海岸沿いのホテルを一軒丸ごと会場にして開催されますが、映画会社はマーケット期間中そのホテルの続き部屋を2つ3つ借り切って、人目を引くディスプレーを設置したり、完成はしてないものの部分的に撮影済みの映像を大画面テレビで写したり、スチール写真を展示したりします。もし、興味のあるバイヤーが現れると、展示しているスペースの隣の部屋の静かに商談できるスペースに案内して交渉が始まります。一回の交渉でうまくまとまることは、そうそうありえませんが、そこからセラーとバイヤーのやり取りが始まるのです。バイヤーのほうとしては、期間中毎日毎日ホテル中を歩き回って、期待できそうな映画を探し、よさそうな映画があればライバルに遅れないように交渉していきます。会場のホテルを一日歩き回ると、いろいろな映画のパンフレットが一杯たまってしまいます。パンフレットといっても、何億何十億の映画のパンフレットですから良い紙を使っていますので、いくつも集まるとかなり重くなります。せっかくの資料ですから、捨てるわけにもいきませんので厄介なお荷物となります。実際会場のゴミ箱付近では、あまり引きのない映画のパンフレットなどが無残にも捨てられていたりするのを見かけます。そこで、セラーもパンフレットを入れる袋に映画の宣伝を入れたり、映画の中で出てくるキャラクターのフィギャーを作ったり、Tシャツを配ったりといった工夫をしています。もらう方としては、こういったものの方が、パンフレットより随分とありがたかったりもします。

私も一度フィルムマーケットの帰りに、会社の若い人たちからダンボール箱を一つ預かったことがあります。空港でのチェックインの際、窓口の人に自分で荷造りしましたか、中身は何ですか等質問されたのですが、私はまったく見当がつきません。会社の業務上必要なものだとはわかりますが、それ以上はまったくわからないので、その旨説明しました。すると窓口の人は、一生懸命箱を開けて中身を確かめようとしています。私が会社で使うだの業務上必要だの説明したので、厳重に荷崩れしないように包装してあるダンボールを慎重にやっとあけて中身を確認していた彼は、中身を一瞥すると骨折り損のくたびれもうけとでも言わんばかりにさっさとふたをしめました。私が、中身を尋ねると私の顔をまじまじと見て、一言「おもちゃ」といいました。多分、彼は私がふざけてるとでも思ったのに違いありません。

フィルムマーケットが終わると後は持ち帰った資料を研究して、実際に買い付けの最終段階へと進んでいきますが、その際パンフレットとかよりも、よくできたおもちゃのほうが作品を良く説明してくれたりもしますので、あながちおもちゃといえども馬鹿にできないところがあります。ただ、一般の人にまじめな仕事をしていると納得してもらうのは、いい大人がおもちゃを集めてダンボールに入れて帰るのですから、期待するほうが間違いなのかもしれません。

(2004年8月)

「日本アニメの国際的市場性」

アメリカ 弁護士 法律事務所 法律 日本アニメの国際的市場性今年もアカデミー賞の季節がやってきて、今各賞の発表が行われています。皆さんの予想は見事当たっていましたか。作品賞は「Million Dollar Baby」、監督賞はクリント・イーストウッド、それに長編アニメ賞には、ディズニー/ピクサーの「ミスター・インクレディブル」が選出されました。CGを使った映画の質が向上してからは、質のよい映像、楽しめるストーリー、本格的なマーケティング等の成功要因を兼ね備えたアニメーション映画は、安定的にある程度の興行収入を上げており、アカデミー賞の部門賞としての注目度はあがってきています。

もう何年も前になりますが、ある教育的テレビ番組の中で、30秒程のストーリー映像を見たのが、私の本格的なCG映像との最初の出会いだったように記憶しています。斜めの線にギザギザの目立つ稚拙な映像というそれまでの印象を、ほんの数秒ですっかり塗り替えてくれたリアルでコミカルな作品に、これはなかなかすばらしいものだと感心しました。それからコンピュータを駆使した映像作成技術の映画への導入は加速度的に進み、今ではCGなしの映画は考えられないほどになってきています。映画ビジネスにおいても、このCGのインパクトは強力であり、契約条件として交渉の重要な要素になったりします。

日本生まれのアニメとアメリカ生まれのアニメはこれから競合していくのでしょうか。答えは、イエスでありノーでありどちらともいえるでしょう。このタイトルだけで一冊の本ができそうなほどですが、本日は、マーケティングの見地から考えて見ましょう。

日本アニメとアメリカアニメの大きな違いの一つは、支持者層の幅ではないでしょうか。日本アニメは、週刊のアニメ誌に象徴されるように、多くの読者に長年にわたり支持されています。劇場にかかるアニメもこういった漫画週刊誌に原点を持つものが少なくありません。日本の通勤電車では、毎日多くの大人たちが漫画週刊誌を読んでいます。若い人たちだけのアニメというのではなく、幅広い年齢の人たちを読者に持つ強大な産業といえます。

一方アメリカのアニメの作品数は日本に比べて多くはありませんが、一般の人の目に触れる作品のほとんどは、一点豪華主義ともいえるほど豊富な資金を使い劇場での大ヒットを目指しています。アメリカの劇場で公開されるアニメのほとんどは子供たちを対象としており、その点は日本と同様ですが、アメリカの子供たちは、映画館以外ではDVDを購入して家庭でアニメを見ることはあっても、アニメ週刊誌を買って読むなどということは、一般的にはほとんどありえません。もちろん、普通の大人たちが日常的にアニメに触れる機会など皆無といってよいでしょう。

ところが、日常的なレベルでのアニメの需要はアメリカにも存在しています。毎日夕方や週末の午前中になると、日本生まれのアニメのテレビ番組が多く組まれており、多くの子供たちが楽しみにしています。さらに一部の大人たちも日本アニメの雑誌を購入しています。一点豪華主義のアメリカのアニメは、日常的なテレビ作品やアメリカ版アニメ誌用作品としてはなじみにくく、日本生まれの作品がこういった需要を満たすことが多いのです。(もちろん、日本生まれのアニメは、劇場でも活躍しています。)

幅広い日本生まれのアニメは、その圧倒的な作品数を背景に自然と国際的なマーケットの生存競争を勝ち残り、様々な場所で活躍しています。こういう意味で、日本のアニメ作品の国際マーケットにおける主要なプレーヤーとしての地位は、まだまだゆるぎないものと言えるのではないでしょうか。

(2005年2月)

「フィルムのないフィルムマーケット?」

アメリカ 弁護士 法律事務所 法律 フィルムのないフィルムマーケット?映画を輸出するための第一歩は、バイヤー探しです。自分のコネを使って買いたい人を探すのが一番手っ取り早いのですが、それではセラーにとって最高の取引条件を引出せるとは限りませんし、コネにも限界があります。そもそも、バイヤーが一人しかいなければ、取引の条件はどうしてもバイヤー側の言いなりになりがちです。交わした条件がいいのか悪いのかもわかりませんし、契約をしっかりしていなければ渡した素材がほかの国に出回ってしまうかもしれません。複数のバイヤーが出てきてはじめて、売るほうとしても値段をあげられますし、そのほかの取引条件も交渉を通して有利にできます。では、どうやって何人ものバイヤーを探せるのでしょうか。

正しい輸出の第一歩は、フィルムマーケットへの出展です。毎年、世界中で映画祭が行われているのは皆さんもご存知でしょうが、実は映画祭は同時にフィルム(映画)マーケットでもあるのです。世界中から映画のセラーとバイヤーが集まって、何千万から数十億の取引を行っています。アニメの製作費は、通常の映画の超大作から比べると比較的低いのかもしれませんが、それでも最近はアニメといえども日本の超大作の作品が世界中に羽ばたいています。主たる映画祭は、カンヌ映画祭、ミラノ映画祭、アメリカ映画祭、サンダンス映画祭等があります。これらの映画マーケット(映画祭)に行くと日本からの映画も時折見かけます。(各映画祭のウェブサイトは、小職のウェブサイト「リンク」を参照してください。)

フィルムマーケットというと初めての方は、好きなだけ映画が鑑賞できて面白そうだと考えられるかもしれませんが、実際はそうでもない場合が多いのです。その年の自信作、超大作、話題作などが出品される映画祭と違って、映画のマーケットの方では実は完成した映画や映像がなかったりします。というのは、映画の製作には時間がかかるからなのです。映画の構想から始って、2年3年後に公開されるのはいいほうで、構想から公開まで10年20年というものさえあります。まあ、そういった特に例外的な映画を除いても、構想から、脚本、スタッフ・キャスト選び、ファイナンス、撮影、音入れ、編集、プロモーション等々時間のかかるのは避けられません。でも、完成した後にやっとプロモーションしていては遅いので、完成前からフィルムマーケットで売込みを開始するのです。その際は、本撮影前のスチール写真、特徴のある模型、プロモ用の短い予告編等を使って、バイヤーに売込みます。極端な例では、脚本だけでの売込みもありえます。

人気のある俳優、有名な監督、CGが多く入れられた映像等が事前にわかっている映画などは、完成フィルムが無くともバイヤーからは高い値段でのオファーが届くのです。かといって人気俳優の出演する映画がすべて大ヒットするとの保証はありませんので、そこはセラーとバイヤーの 真剣勝負となります。ですから、フィルムマーケットは、純粋にシリアスなビジネス交渉の場といえるでしょう。

(2004年)

「史上最高の答え?」

アメリカ 弁護士 法律事務所 法律 史上最高の答え?ロースクールでのある授業のひとこまです。教授に質問された学生が「それは、状況次第です。(Depends . . .)」と答えました。教授は、イエスともノーとも結論を出せなかった学生に対して、「どんな質問にも使える最高の答えだね。それでは、どのような状況のときは、どうなのか説明したまえ。」と突上げました。その学生は、はっきり答えが出せず、その場しのぎで言葉につまり、思わずそう答えたのです。しかし、実際の交渉の場では、なかなか真理をついて奥深い答えかもしれません。

さて、どのような世界であっても、スターとはなかなか煌びやかで、その場の雰囲気が盛り上がるものです。アメリカで生活していると、意外なときに意外なところで、隣に名の知れた大スターがいたりもしますが、通常スターと自然に触れ合う機会は少ないようです。

では、契約書上はスターの存在は、どのような影響があるのでしょうか。映画でも、スポーツでも大スターと契約する際には、あるスターのためだけに契約書の交渉が壁にぶつかったり、プロジェクト自体が振り出しに戻ったりもします。大スターの参加で、映画であれスポーツであれ、何億、何十億もの興行収入の上乗せが期待できます。したがって、契約条件一つで収入の分配が大きく左右される状況が、交渉をヒートアップさせ、自然に契約書の頁数の増加に反映されたりもします。

最近の大リーグでの日本人選手の活躍で、大リーグビジネスに関心のある方は大リーグのニュースの中に、何かとビジネス的な要素が入っているのに気づかれているかもしれません。例えば、一般に関心の高い個人成績(勝利数、セーブ数、打率、本塁打、打点等)のほかにトレードを拒否できる権利、年間の打席数によるボーナス、登板試合数によるボーナス等の規定もあり、シーズンも後半になり優勝から見放されたチームは、ボーナス等の支出を避けるために、次のシーズンを念頭におき若手の起用を検討し高額な年棒の選手をトレードに出したり、3Aに落としたり、解雇したり等のビジネス上の判断を果敢に下したりもしているようです。(もちろん、契約条件だけがこれらの判断基準でなく、個人の成績が大きく影響することはいうまでもありません。)これらの条件は、選手毎に異なり、特にスター選手ともなると契約時にお互いの合意を契約上で厳しく確認しあいます。

ところが、映画にしろ、スポーツにしろ蓋を開けるまで、何が起こるかわからない部分が多くありますので、契約で全てを網羅できるような条項の書き込みが必要になってしまいます。現実にはいろいろなケースを予め全て明示することさえ難しく、それまでの経験に基づき、最大の努力をすることをもって納得するしかないのです。その結果、契約書の内容は、出来るだけどのような場合にも対応できるように現実的な範囲で可能な限りのケースが列挙され、それに応じた規定が決められるので、とにかく長くなってしまいます。但し、どんなに頑張っても、全てを網羅することなど到底出来ませんので、数え切れない程の交渉が終わりに近づき、やっと契約かという場で誰かが一言質問したり、意見を言うとまた一から交渉のやり直しなどという最悪の状況が交渉担当者達の頭をよぎり、両者ともに険悪な雰囲気となり「それはもう大丈夫でしょう。」という何の根拠もないある種の暗黙の合意が、立場を問わず発言者を除く全ての参加者の間で形成され、契約交渉終了を目的とする運命共同体的な一種の連帯感が生まれるという笑うに笑えない話もあります。

日本人は、相手をよく知り信頼関係に基づいて契約を行うという精神が取引の根底に流れており、欧米式の徹底的に議論して契約を行うスタイルにはついていけない部分も多々あるかと思います。例えば、日本の契約書には、「問題が発生した際には、両者誠心誠意協議する。」等の文言が見られますが、欧米の契約書にはそのような規定は出てきません。それどころか、「本契約書より前に、又は同時に交わされた合意は、本契約書に記されていない限り、一切有効と認められない。」などの強烈な規定が入っています。これは、国民性の違いに起因する契約書スタイルとでも言えるのでしょうか。

「どっちがいいのか?」という質問が聞こえてきそうですが、それは、あの教授にでも訊いてみましょうか。

(2005年9月)

PageTop